痩せすぎが心配

ペットフードを選ぶ際、太り過ぎてしまった犬にダイエット用のドッグフードを選ぶこともできますが、反対になかなか思うように体重が増えない犬の為のドッグフードもあります。食べる量が少ないような犬などには、カロリーの高いドッグフードを選んであげる方法もあります。この方法であれば、たとえ小食であってもしっかりとカロリー摂取することができます。ドッグフードを選ぶ時は、パッケージをチェックして高カロリーのものを選んであげましょう。もちろん、カロリーだけでなくどのような材料が使われているのかもチェックする必要があります。安心できる原材料や原産国であることと、添加物についてなど確認してから購入するようにしましょう。

また、痩せすぎな心配な犬には、このようにカロリーに着目してドッグフードを選ぶといった方法の他に、おやつなどを上手に取り入れてカロリーと栄養を補う方法もあります。犬のおやつも色々な種類のものが出ていますので、是非こちらもチェックしてみてください。但し、与え過ぎには十分注意してください。

このように、目的に合わせてドッグフードを選ぶことができます。価格の安さだけを見て選ばず、是非安心できる高品質のものを購入するようにしたいものです。

目的に合わせて選ぶ

ペットフードは、ご存知のように色々な種類があります。ドッグフードもドライタイプやウェットタイプ、半生タイプなど色々なものがありますが、更にしゅるは豊富にあります。素材や味などの違いはもちろん、目的に合わせて選ぶこともできるのです。例えば、犬の体型が気になりだした場合は、ダイエットを目的として作られているものもありこちらもお勧めです。犬の肥満は、人間の肥満と同じように、或いはそれ以上に注意しなければならない問題です。なぜなら、病気も心配ですし、太り過ぎると足や腰に負担がかかってしまうからです。犬のダイエットを考えた時、普通のドッグフードを用いて、量をコントロールしようとする方もいます。しかし、この方法の場合カロリーを抑えることができても、必要な栄養素までカットしてしまうことになります。また、食べる量を減らしてしまうやり方は、犬にとっても少々可哀そうに感じます。

ダイエット用のドッグフードであれば、カロリーだけを抑えて必要な栄養素はしっかり摂れます。それに、食べる量を減らすこともありませんので、犬にとっても嬉しい方法と言えるでしょう。無理なく体重を落としていくことができるでしょう。こういったドッグフードを選んでみるのもお勧めです。

市販のドッグフード

市販されているドッグフードには大きく分けて3つの種類があります。一つはドライタイプと呼ばれているもので、犬に必要な栄養素がバランスよく含まれています。比較的日持ちがするといった良さや、ほど良い硬さがあるので歯に歯垢が付きにくく虫歯になりにくいといったメリットもあります。与える時の注意点は、きちんと計量して与えることと、たっぷりの水を用意してあげることです。保管する時は、密封できる容器に入れて、直射日光の当たらない涼しい所で。間違った保管方法を選ぶと、ダニが発生してしまうこともありますから注意が必要です。

また、ウェットタイプと呼ばれる缶入りやパウチなどもあります。こちらは、栄養補給を目的として与えるというよりも、言わば美味しさを楽しむ為のドッグフードです。素材がそのままの状態で入っているので、素材の食感や香りをより味わうことができます。こちらは、開封して食べ残ししてしまった時は冷蔵庫で保管するようにしてください。傷みやすいですから要注意です。そして、一日中に食べきるようにするようにしましょう。くれぐれも、犬の食器の中に長時間放置することのないようにしてください。この他に、半生タイプもあります。こちらも保管に十分注意するようにしてください。